【フローラ美人】いま注目の菌活で腸内フローラを整えてダイエット!

フローラ美人

体内に花?腸内フローラって一体なに?

CMや雑誌などで、「腸内フローラ」という言葉を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか? フローラという言葉を聞くと花が思い浮かびますが、腸内と花がどう関係するのか不思議ですよね。これは、顕微鏡で腸内を観察すると簡単にわかります。 顕微鏡を覗いた時の光景は、まるでお花畑が広がっているように見えるんです。ここから、腸内フローラと呼ばれるようになりました。この腸内フローラを整えて体内環境を改善することが、いま注目されているんです。

腸内を理解して菌活ライフをしよう

菌活 自分自身の腸内がどのようになっているのか、知る機会は滅多にないと思います。大腸カメラでも腸内フローラを目にすることはできません。ですが、見えなくとも腸内の仕組みを正しく理解することが大切です。 腸内では、様々な菌が日夜活動しています。それぞれの菌の効果を知ることこそ、腸内フローラを理解する第一歩。そこでまずは、腸内ではどのような菌が活動しているのかを知っていきましょう!

腸内に必須の善玉菌

善玉菌と聞くと、腸内で良い働きをしてくれるものと知っている方も多いのではないでしょうか? 飲料や食品に含まれていることが多く、乳酸菌飲料が善玉菌を摂取しやすいことで有名。代表的なものにビフィズス菌がありますよね。 これらの善玉菌は、腸内で悪玉菌が増えるのを阻止したり腸内を正常に保ったりと、大活躍してくれます。積極的に摂取したいところです。

善玉菌がいれば悪玉菌はいらない?どちらもバランスが大切

善玉菌が腸内に多く存在していれば、悪玉菌がいる意味がないのでは?と思う方もいることでしょう。 しかし、悪玉菌が腸内から存在を消してしまうことはありません。仮に悪玉菌の存在が消えてしまうと、かえって悪影響をもたらすことさえあります。 善玉菌は、悪玉菌が腸内に存在しなければ活動を止めてしまいます。これは、善玉菌が悪玉菌の増殖を抑えたり侵入を防いだりする活動に関わっているため。善玉菌が活動をやめてしまうと、腸内環境が整わなくなり体に悪影響を与えます。 悪玉菌は不必要な存在なのではなく、善玉菌が正常に活動するために必要な存在といえるでしょう。ただし、悪玉菌は食生活やストレスなどの様々な要因で簡単に増殖し、便秘や肌荒れを引き起こしますので注意が必要です。

日和見菌は、善玉菌と悪玉菌を手助けしている影役者

日和見菌という名前は聞き慣れないものですが、じつのところ善玉菌や悪玉菌よりも日和見菌の方が腸内に多く存在しています。 正常な腸内フローラでは、日和見菌の割合は70%ほどで、善玉菌20%・悪玉菌10%とされています。これだけ多いのなら活躍も大きいのでは、と期待してしまいますよね? 日和見菌の活動がどんなものかと言うと、善玉菌もしくは悪玉菌の優勢な方に力を貸すことです。 つまり、腸内で善玉菌が優勢な状態では日和見菌は無害。逆に悪玉菌が優勢な状態では、日和見菌によって身体にダメージを与えることになってしまいます。できる限り、日和見菌には善玉菌側に役立ってほしいものですね。

ベストなバランスで腸内フローラを正常に!

腸内には、大きく分けて3種類の菌が活動していることがわかりました。悪玉菌は増やす必要がないので置いておきますが、善玉菌や日和見菌が増えると腸内フローラにとって良い結果をもたらしてくれるというのは想像がつきますよね。 では、善玉菌や日和見菌をどのように増やしたらいいのでしょうか?正しく菌を増やす方法を知って、菌活ライフをしちゃいましょう!

腸内フローラを正常に整えるためには何が必要なの?

腸内フローラを正常に整えるためには何が必要なの? 腸内において、菌がどのような活動をしているのかは分かったと思います。 それでは、腸内フローラを正常にしていくためには、どのようなことが必要なのでしょうか?

善玉菌を摂取して腸内フローラを整える

どのような食事をすれば、腸内フローラを整えることができるのでしょうか?簡単に思いつくのは、善玉菌が含まれている乳酸菌に着目すれば良いということですね。ヨーグルトやチーズなど普段から口にするものも多いと思います。 この他、発酵食品にも多く含まれています。意識的に腸内フローラを整えたいと考えているのであれば、発酵食品や乳酸菌飲料などを積極的に食事に取り入れるようにしましょう。 善玉菌が含まれている食品は、主に次のようなものが挙げられます。

1.ヨーグルトヨーグルト
2.チーズチーズ
3.キムチキムチ
4.納豆納豆
5.醤油醤油
6.味噌味噌
どれも普段の食卓でおなじみのものばかりですよね。意識して摂取すれば正しい菌活をすることができます。

善玉菌を増やして腸内フローラを整える

善玉菌が多く含まれているのは分かっても、発酵食品や乳酸菌飲料が苦手な方もいますよね。こうした場合は、腸内に存在している善玉菌を増やしていきましょう。 オリゴ糖やグルコン酸は善玉菌が増えるためのエネルギーになります。これらの成分が含まれている食品は、海藻や果物など口にしやすいものばかり。善玉菌を増やす食品は、次のようなものです。

1.バナナバナナ
2.ごぼうごぼう
3.しいたけしいたけ
4.玉ねぎ玉ねぎ
5.とうもろこしとうもろこし
6.わかめわかめ
善玉菌が増えるためのエネルギー源になる食品を摂取するようにしていきましょう。

日和見菌を増やすには?

善玉菌を腸内で優位に活動させるためにも、日和見菌の存在は欠かせませんよね。善玉菌は、乳酸菌飲料やオリゴ糖が含まれた食品などがあるので増やしやすいイメージだと思います。それでは、日和見菌はどうでしょうか? 日和見菌を含む食品が販売されているのはなかなか目にしません。もしかして増やしにくい菌なのでは?と思ってしまいますが、日和見菌を増やすのは善玉菌を増やすことと同じく簡単です。 善玉菌を摂取したり増やしたりといった食生活をしていれば、自然と日和見菌も増えていきます。これは善玉菌と日和見菌が密接な関係にあるからなので、より良い食事を心がけ、善玉菌と日和見菌が喜ぶ腸内環境を作るようにしましょう。

悪玉菌を増やさないようにするには?

悪玉菌が増えると、便秘や肌荒れといった現象が起こります。便秘で老廃物が腸内に蓄積されていくと悪玉菌が増え、太りやすい体質に。そのようにならないためにも、悪玉菌を増やさないようにすることが重要です。 悪玉菌を増やさないようにするには、ファストフードやスナック菓子のように脂肪やタンパク質の過剰摂取に繋がる食品を避けることです。また、善玉菌が増えるような食生活をしていれば、悪玉菌が増えることもなくなります。 善玉菌・悪玉菌・日和見菌の活動を正常に促すためには、乳酸菌・発酵食品・食物繊維・オリゴ糖・グルコン酸が含まれている食品や飲料を意識的に摂取していくことが大切になるのです。

腸内フローラが整えられれば痩せやすくなる!

腸内フローラ 腸内フローラが正常な状態であれば、便秘や肌荒れとは無縁の生活を送ることができます。しかし、便秘や痩せられないなどの悩みがある方は、腸内フローラの乱れが原因になっています。 今まで、腸内フローラを気にしたことがなかった方も、これを機会に意識的に改善していけば悩みも解消する可能性がグーンとアップします。

腸内フローラダイエットとは?

腸内フローラダイエットとは、腸内環境を整えて痩せやすい体質に変化させていくものです。腸内環境を整えるには、先述したように善玉菌・悪玉菌・日和見菌のバランスを保つことが大切です。 最も良いバランスは、善玉菌20%・悪玉菌10%・日和見菌70%。この黄金バランスを崩さないように心掛けましょう。そのためには、善玉菌が元気になるような食生活を意識するのが近道になります。

腸内フローラダイエットの期間は?

便秘になった場合、便秘薬を飲めば翌日解消されますが、根本的な便秘改善にはなりません。便秘の原因を取り除いていない訳ですからその場しのぎ、とも言えますよね。腸内フローラダイエットは、このような一朝一夕で効果があるダイエット法ではないことを覚えておきましょう。 腸内フローラダイエットは食生活を意識するだけなので難しい方法ではありませんよね。体質を改善して正常な状態に保てれば、太りにくい体になる事も明白です。構えることなく気軽にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。 ただし、長期間に渡って腸内環境を整えていく方法なので、中途半端になってしまわないように注意が必要です。

腸内フローラダイエットの方法は?

腸内フローラダイエットを実践するには、毎朝ヨーグルトを食べるようにするのがおすすめです。この時に摂取するヨーグルトは、含有している乳酸菌にも注目して選ぶようにしましょう。最近は、パッケージに乳酸菌の種類が記載されているので選ぶのは難しくないと思います。 腸内フローラダイエットに効果があるのは、生きたままの状態で腸内へ届くかどうかが焦点となります。生きたままで届く乳酸菌は「有胞子性乳酸菌」と呼ばれており、スポロ乳酸菌やラクリス乳酸菌が有名。 また、有胞子性乳酸菌の摂取に加えて、オリゴ糖や水溶性食物繊維など、善玉菌や日和見菌が好む食品を取り入れることも忘れないようにしましょう。過剰な脂質やタンパク質の摂取は控えるように心掛けてください。

フローラ美人なら毎日ヨーグルトを摂取する必要なし

腸内フローラダイエットで、便秘の解消やダイエットに繋げたいと考える方は多いのではないでしょうか。しかし、毎日の食生活にヨーグルトや発酵食品を取り入れるのは難しいですよね。 そこでおすすめしたいのが、有胞子性乳酸菌を効率良く摂取できるサプリメント「フローラ美人」です。 有胞子性乳酸菌が含まれているヨーグルトを、わざわざスーパーやコンビニなどで探すのは手間がかかるもの。せっかく足を運んでも売り切れている可能性もあります。フローラ美人なら、こうした手間が必要なく簡単に腸内環境を整えられます。

フローラ美人に含まれている成分は?

フローラ美人には、生きたままで腸内へ届く有胞子性乳酸菌や、ビフィズス菌、ラクトフェリンが含まれています。乳酸菌よりも奥まで届いて活動してくれるビフィズス菌が含まれているのは頼もしいですよね。酸に弱い乳酸菌を手助けするラクトフェリンも入っているので安心です。 フローラ美人には、上記のような3つの成分が含まれているので、腸内環境を整えてくれる効果が高くなっています。腸内環境が整えば、便秘解消や痩せやすい体質を手に入れるなど、嬉しい効果を実感できることでしょう。

フローラ美人は満足率93%!

フローラ美人を継続的に使用されている方のアンケート結果は、驚異の満足率93%を叩き出しています。乳酸菌含有サプリメントは様々な種類が発売されていますが、使用者の満足率が90%を超えるものは多くはありません。 このような結果が出るのは必然で、有胞子性乳酸菌とビフィズス菌という2つの善玉菌が、腸内で効果を発揮するように開発されているからなんですよ。使う人のことを考えて開発されたサプリメントならではと言えます。

初回の注文なら77%オフで試せる!

スーパーやコンビニで購入できるビフィズス菌入りヨーグルトや、有胞子性乳酸菌入りのヨーグルトの価格は、100円〜200円が一般的になっています。毎日摂取することを考えると、1ヶ月では3,000円〜6,000円にもなり、続けにくいですよね。しかしフローラ美人は、初回に限り、77%オフの送料込み972円で購入することが可能です。2袋セットの場合も77%オフなので1,944円とお得! 毎日ヨーグルトを購入するよりも、フローラ美人を使用した方が手ごろで続けやすいと言えます。また、定期コースにお申し込みの方なら毎回通常価格より30%オフにて購入できます。初回限定価格なら、1日あたり32円とコスパも良く続けやすい価格なのが魅力です。

善玉菌が喜ぶ「よかったオリゴ」がセットになってさらにお得!

善玉菌の活動を促してくれる成分としてオリゴ糖があります。フローラ美人を購入すれば、初回限定ではありますが、オリゴ糖サプリメント「よかったオリゴ」がプレゼントされます。オリゴ糖と乳酸菌を同時に摂取することで、腸内環境を整えるのに役立ちますよ。 この機会にフローラ美人を試して、腸内から美しくなっていく効果を実感してみてはいかがでしょうか。

まとめ

腸内から環境を整えていけば、便秘・太りやすい体質の改善・肌荒れなどに効果を発揮することがわかりました。日々の生活に対しての意識を少しだけ変えるだけで、腸内フローラは正常に活動してくれます。 なかなか食生活まで手が回らなくても、フローラ美人なら手軽で現代人にぴったり。ぜひ腸内フローラを整えて、体内から美人になっちゃいましょう!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

記事に関するご質問・ご要望等について

本記事に関するご質問、もしくはご要望などにつきましては下記のフォームよりご連絡ください。
当サイトでは商品レビューのご要望なども募集しておりますので、何かありましたら遠慮なくお知らせいただければ幸いです。

ご質問・ご要望はこちら

ABOUTこの記事をかいた人
タピオカ

青森県在住・30代。ライティングジャンルは美容系・ネイル系などが中心。趣味は読書・映画鑑賞・ハワイアンキルト。好きな作家はスティーヴンキング・貴志祐介。好きなキルト作家はキャシー中島。

詳細なプロフィールはこちら